ホテル業の派遣で生き残っていくノウハウを分析します

ホテルでのお仕事は、ホテルの受付でお客様対応をするフロント、エントランスでのドアの開閉を行うドアマン、問い合わせや要望にコンシェルジュ、客室の清掃や点検、ベッドメイクなどをするハウスキーピング、チェックインの手続きを済ませたお客様を部屋までご案内するベルパーソン、レストランの調理スタッフなど、宿泊から飲食、宴会などの多岐に渡るシーンで、お客様に対するさまざまなサービスを提供しています。立ち作業を含む肉体労働が多かったり、時にはクレームを受けたりすることもあるため、体力的にも精神的にも消耗が激しい仕事となるためつらさを感じることも少なくないお仕事のようですが、お客様から直接感謝の言葉を言われるとやりがいにつながるようです。ホスピタリティのある人、お客様のために働きたくて派遣のお仕事を考えている人には向いている職業と言えるでしょう。

派遣会社を選ぶときの大事なポイント

ホテル業界でのお仕事は未経験という場合や、経験はあるけれどブランクが気になるという場合も、派遣という形でお仕事を探すことをおすすめします。登録する派遣会社はよく調べてから選びましょう。大手であれば安心ですが、それにプラスして自分が受講したい研修を受けられるかという教育に関する点や、雇用保険や社会保険への加入、さらに有給休暇や介護休暇、育児休暇などの休暇制度、定期健康診断、福利厚生施設など、安心して就労ができるような福利厚生が整っているかという点も重要なポイントです。また、これらの福利厚生を受けるための条件や手続きなども事前に確認しておけると安心です。また、専門業種に特化した派遣会社なら、福利厚生などの点がそれほどでもなくてもホテル業界でのお仕事は探しやすいかもしれません。メリットデメリットはそれぞれにありますが、あなた自身が求めることは何かをよく吟味して選びましょう。

ホテル業界の派遣として生き残るには

ホテル業界は外資系企業も多く、高い接客能力が求められます。経験値だけでなく、ポテンシャル、サービスメンタリティも評価の対象とされるでしょう。未経験なら、未経験でもOKの派遣のお仕事で経験を積みましょう。接客の仕事をしたいという強い志望動機があれば、未経験でも受け入れてくれる求人もあるかもしれません。また、ホテルでの実務やレストラン業務、ブライダル関係、TOEICなど、自分が希望する職種に合わせた検定を受けたり、資格を取ったりするのもおすすめです。必ずしも資格が必要なわけではないですが、あなた自身にとっても意味のあるものとなるでしょう。外資系のホテルでは語学力があると強みになります。派遣で働いているうちにもしずっとホテル業界で働いていきたいと思ったら、紹介予定派遣という制度を利用しましょう。職場環境と仕事内容が自分にしっくりくる場所で正社員登用されることが可能です。